インターネットの機能

インターネットの情報選択

トップ / インターネットの情報選択

インターネット用法の情報

インターネットのアクセス制限

お子様がインターネットを使用する場合、利用するサイトを制限することができます。例えば、出会い系サイトやギャンブルのサイト、アダルトサイト等などの、いわゆる有害サイトを閲覧できないようにする機能で、アクセス制限と呼ばれています。その方法はいくつかあり、決められたサイトだけを閲覧できるようにする設定や、アダルトやギャンブル、薬物、出会い系などのカテゴリやサイトごと制限する方法、インターネットを利用する時間を制限するなどの方法があります。プロバイダがサービスとして準備しているものや、フリーウェアなどで設定できるものなど、アクセス制限をする方法も様々です。

ネットと子供の安全機能

すでに小学生からインターネットを使いこなすのは当たり前の世の中になりました。ただ、ネット上には様々な情報が溢れており、子供の目には振れさせたくない情報も多くあります。そこで、子供がまだ小学生の頃には、親御さんが主導権を持ってネットの閲覧に対してアクセス制限をかけることが大切です。最近のパソコンでは、卑猥な画像や暴力的な描写に対してアクセス制限をかけることができる機能が付いています。設定はとても簡単で、パソコンが自動的に判断して遮断します。お子さんが自由にインターネットを使って、適切な情報の中で学習ができるように、こういった機能を利用すると良いでしょう。